切崖電鉄





概要


日元峠から新矢先を結ぶ地方私鉄で、もとはグループ外の会社でしたが、経営再建の際に当社のグループ会社の一員となり、切崖地方の観光・ローカル輸送を行っております。



路線図



▶pdf版

車両


KI500系


車両概要


元JR東日本201系、青梅線、五日市線編成を譲渡してもらい、2007年には旧型車両を置き換えた。昔ながらのチョッパ制御であるが、内装については、順次時代ごとの更新が加えられており、現在では、全車に車内案内液晶表示器と、フルカラーLED方向幕の設置が行われている。4両固定編成なので、唯一大都市総合開発鉄道線に乗り入れることができる車両である。

車両設計


最高設計速度:100km/h
最高営業速度:100km/h
常用減速度:3.5km/h/s
非常減速度:5.5km/h/s
起動加速度:3.0km/h/s
駆動方式:中空軸平行カルダン駆動方式
制御装置:サイリスタチョッパ制御
主電動機:直流直巻電動機 MT60形
主電動機出力:150Kw
台車:円筒案内式インダイレクトマウント空気ばね台車(DT46B・TR231A)
ブレーキ:回生制動併用電磁直通ブレーキ
4両編成10本在籍
※デザイント氏の素材を利用しております。




KI800系


車両概要


2010年に登場した車両。地方自治体からの補助金で約30年ぶりの完全新製の新型車両が登場した。普段は2両編成での運行だが、ラッシュ時には、2連を2本連結して、4両編成で運行される。KI500系の補完として登場し、トイレも設置された。両数の関係上、大都市総合開発鉄道線には乗り入れないが、保安装置や整備上で乗り入れることもできる。

車両設計


最高設計速度:130km/h
最高営業速度:100km/h
常用減速度:5.0km/h/s
非常減速度:5.5km/h/s
起動加速度:3.0km/h/s
制御装置:IGBT素子VVVFインバータ制御
主電動機:かご形三相誘導電動機(MT75形)
主電動機出力:160Kw
台車:円筒案内支持方式空気ばね台車
ブレーキ: 回生ブレーキ併用電気指令式ブレーキ・純電気ブレーキ・抑速ブレーキ・直通予備ブレーキ・耐雪ブレーキ
2両編成8本在籍